先輩社員の声INTERVIEW

従業員を「お客様」と考え、社員の皆さんが働きやすい環境を作りたい。

2015年入社 福井本社 業務企画部

佐々木 李子Riko Sasaki

前田工繊への入社の決め手は?

地方である福井から全国・世界で必要とされているインフラ資材をつくり、届けているという点に魅力を感じました。
そして、このような大きなことをしている会社で働いて、自分に何ができるかを知りたいという思いや、何より業務を通して“成長”したいと思い入社を決めました。

 

現在の業務、これまで印象に残っている仕事

現在は管理部門として、従業員を「お客様」と考え、社員の皆さんが働きやすい環境を作るべく多種多様な業務をしています。
皆さんの業務を円滑に進められる環境は何かを常に考えています。
また、秘書業務もしており、上司のスケジュール管理や身の回りのサポートもしています。
これまで上司のお客様で有名な大企業の方々とお会いしたりお話しをしたりしたことがありますが、これは上場企業で多くの会社と友好な関係が築けているからこそできる貴重な経験だと感じています。

 

これからの目標

これからは、株式実務(上場し続けるために必要な手続きや株式取扱いの知識)を覚え、社会の仕組みや流れなどより一層理解したいです。
上場企業だからできる経験がまだまだあると思うので、それを見つけて実践していくのも目標です。
一つの業務にしぼるのではなく、あらゆる場面に柔軟に対応できる知識と経験をもった人材になりたいです。

 

1日のタイムスケジュール

08:30 始業。メールと上司のスケジュールを確認し、必要があれば上司に電話連絡をとります。メールのやり取りよりも電話で話すことが、コミュニケーションを図るうえでは有効的だと思います。

12:00 昼食。席を離れたら、仕事のことは極力考えずに昼食をとります。ON/OFFの切替えが大切です。また、他部署の方と話しながら情報収集をしたりすることも。

13:30 ミーティング。現在「広報チーム」と「健康経営プロジェクトチーム」にも所属しており、社内報の作成や当社の健康経営推進のための打合せがあります。

17:00 上司にその日の連絡事項をメールします。その後、翌日の業務・上司のスケジュールを確認します。週末であれば、翌1週間の予定を確認し、必要なものを前もって準備します。ですが、予定がずれることも予測し、臨機応変に対応できるよう情報収集し準備を欠かしません。

先輩社員の声一覧に戻る