先輩社員の声INTERVIEW

被災地復興に携われていることが、私の誇りです。

2018年入社 盛岡営業所 営業

堀江 俊貴Toshiki Horie

前田工繊への入社の決め手は?

災害大国である日本を守りたいと感じたからです。日本は、地震・噴火・豪雨による土砂災害等、世界でも稀にみる、自然災害の多い国です。前田工繊は土木資材を通して、災害大国日本を陰ながら守り、復興支援もしております。また、日本で培った技術力・ノウハウを活かして、前田工繊はアジアのインフラ強化、復興支援にも取り組んでいます。

 

現在の業務、これまで印象に残っている仕事

土木資材の提案営業を行っています。盛岡営業所は東北の北3県が営業エリアで、私は岩手県を担当しています。

営業内容は、官公庁・設計コンサル・施工業者・販売店への営業、施工現場での技術営業等を行っております。

印象に残っているのは、沿岸部の復旧道路工事の技術営業を行ったことです。その現場は、2011年3月11日の東日本大震災による津波により、大きな被害を受けました。人も町も元通りになることはありませんが、日々復興に向けて前進していることを肌で感じました。土木資材の販売、施工現場での技術指導を通して、微力ではありますが、復興のお手伝いを出来ていることに誇りを感じました。

 

これからの目標

前田工繊の一員として、日本の国土強靭化に携わりたいです。日本のインフラは高度経済成長期に作られたものが多く、今日ではそれらの機能維持が国家の課題となっています。また、南海トラフ地震による大災害も予測されています。前田工繊の資材を通して、日本の防災・減災に少しでも貢献できたら、と思います。

 

1日のタイムスケジュール

◆1日のタイムスケジュール 

8:45 メールチェック・本日のスケジュール確認

10:00 設計コンサルタント会社との打ち合わせ

担当者様と現場状況確認、状況に合った製品の提案

12:00   昼食:盛岡三大麺であるじゃじゃ麺に舌鼓を打つ

 

14:00 役所へ訪問、新製品のPR

17:00 帰社:見積・資料作成等、翌日のスケジュール確認・準備

18:30 退社:ジムで汗を流す。ワークライフバランスが保たれてこそ、良い仕事に繋がると確信しております。

先輩社員の声一覧に戻る